『お金の減らし方』の書評や感想を紹介!お金を持っているだけでは価値はない

今回紹介する本は、『スカイクロラ』『すべてがFになる』などで知られている作家、森博嗣さんが出しれた『お金の減らし方』です。

増やし方ではなく、減らし方というのが興味を引きますよね!
今まである他の書籍とは違う角度での書籍となるので、興味がある方は是非読んで欲しい1冊

今回はお金の減らし方の感想やあらすじを紹介していくので参考にしてくださいね!

お金の減らし方のあらすじ

この本では、もちろんお金の稼ぎ方も教えてくれるのですが、それ以上に稼いだお金を何に使うのかという森さんの考え方が展開されます。
自己啓発本に近い内容

ですがタイトルが『お金の減らし方』とあり、どうも違和感を感じるタイトルですよね。

普通は『お金の増やし方』とか、『お金の儲け方』などといったタイトルの本が多く見られます。

逆張りとも言える書籍ですが、実際に森さんのお金の使い方や考え方など、自分とは違った新しい視点での考え方を取り入れる事ができます。

お金は使って初めて価値が出るもの使う
自分が価値を感じるものに使う
必要なものでも、欲しいものでなければ使わない

という普通の人とは正反対の考え方が紹介されています。
読者に新しい考え方として取り入れられる内容となっていてとても楽しく読むことができます。

こちらの本では、お金の稼ぎ方はあまり紹介されていないけど、何をモチベーションに働くのか、稼いだお金をどのようにして減らしていくのかと面白い内容になので是非手に取ってみてくださいね

お金の減らし方から学んだこと

お金の減らし方から学んだ事は、お金というのは持っているだけでは何の価値もない、使って自分が欲しいものと交換して初めて価値が出るのだという考えです。
確かにその通りだけど、お金はいくらあっても足りないしもっと欲しいとなるのが人間かなと思います。

これは、今あるお金から買えるものを買っていくからかなと。
お金が増えれば、買うものも増えていくので際限がありません

なので

自分が欲しい物を明確にする
欲しい物の為に必要な収入を稼ぐ

という考え方が大事だと学びました。

収入に合わせて物を買うのではなく、欲しい物の為に収入を合わせていくイメージです。

僕も副業で月に5万円欲しいなと思っていますが、それはつみたてNISAとIDECOに毎月約5万円程度のお金がかかるので、そちらを補填できる金額を稼ぎたいと考えています。

ただ、これはお金をさらに増やすためにお金を稼ぎたいという、ちょっとお金に囚われている考えになっているのかもしれないなと思いました。

なので、僕も稼いだお金のいくらかは家族サービスに使っていきたいと考えるようになりました。
お金は使ってなんぼという考え方も人生に彩りを与えるにはとても必要な事なんだなと改めて感じる事ができました。

お金の減らし方から今後役立てたいこと

お金を稼いでいくことも大事だが、使い方はもっと大事なのだという考え方を自分の生活にも取り入れていこうと思いました。

もちろん、自分の人生を豊かにしてくれるものでも予算以上に使ってしまうと生活が破綻してしまうので使い方に気をつけなければなりません。

ちゃんとルールを決めてそのルールの範囲内で自分たちの生活や心を豊かにしてくれるものに対してお金を使っていくことを大切にしながら生活していきたいと思うようになりました。

作者の考え方は万人受けするものではないと思うし、合わない人ももちろんいると思います。

しかし、お金の使い方によって人の人生の満足度や幸福度は変わってくるのは事実だと思うので、1つの考え方としてとても学びになる良い本でした。

お金の減らし方のイマイチだったところ

この本で書かれていることは、結果的に大成功を収めた人の意見なので、万人に当てはまる内容ではないと思います。

森さんには小説を書く才能があったわけで、みんながそれで成功するわけではありません。
もし、森さんが執筆した作品が全然ヒットせず、何百個と作品を作ってようやく当たったというのであれば、継続は力なりという話になるのですが、森さんの場合は一作目から当たったので、やはり才能があったんだなと感じてしまいます。

なので、こちらの本にお金稼ぎの方法を求めてはいけません。こちらの本では、お金の使い方にフォーカスした内容なので、こういう考え方もあるんだなという程度に読んだら良いと思います。