どんぐり食堂でクレジットカードは使える?支払い方法まとめ!

現金は使わないキャッシュレスオンリーで生活している方も増えてきています
お店に行く際にクレジットカードなどが使えるかどうかは大事な判断材料ですよね

そこで今回は

・どんぐり食堂でクレジットカードが使えるか
・どんぐり食堂でペイペイは使えるか
・どんぐり食堂で電子マネーは使えるか
・どんぐり食堂で共通ポイントは使えるか

についてまとめていきます

最後にどんぐり食堂が安くなるお得な情報もあるので、参考にして下さいね

どんぐり食堂の支払い方法一覧

どんぐり食堂の支払い方法は以下です

支払い方法 利用
クレジットカード ×
ペイペイ(コード決済)
電子マネー(Suicaなど) ×
共通クーポン ×

 

どんぐり食堂でペイペイは使える?コード決済

どんぐり食堂で使えるコード決済は以下になります

コード決済サービス 利用
PayPay
LINE Pay ×
メルペイ ×
楽天ペイ ×
au PAY ×

 

 

どんぐり食堂で電子マネーは使える?

どんぐり食堂で使える電子マネーの一覧は以下です

電子マネーサービス 利用
Suica ×
楽天Edy ×
QUICPay ×
iD ×
nanaco ×
WAON ×

 

 

どんぐり食堂で共通ポイントは使える?

どんぐり食堂で使える共通ポイントは以下です

共通ポイント名 利用
楽天ポイント ×
Ponta ×
dポイント ×
Tポイント ×

 

 

どんぐり食堂でクレジットカードは使える?

どんぐり食堂で使えるクレジットカードの一覧は以下です

クレジットサービス 利用
VISA ×
MasterCard ×
JCB ×
AMEX ×
Diners ×

 

現金レスの流れになってきているので、今後クレジットカードが使える店がどんどん増えていくと思います

またクレジットカードは用途によって使い分けると、ポイント還元率も最大限に活かせて現金で支払うより圧倒的に得します

そこで、用途別におすすめのクレジットカードも紹介します!

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)のNLはナンバーレスの事で、クレジット番号などの個人情報が第三者から見る事ができないのが特徴です。
例えクレジットカードを紛失・盗難されたとしても悪用されるリスクが各段に減るので、セキュリティ面では他のカードに比べ高いと言えます

また年会費は永久無料で、家族カードも同様に無料なので、金額的にもセキュリティ的にも持っていても損をしないカード。
ポイント還元率も1%前後が主流ですが、三井住友カードなら最大5%ポイント還元でコスパ最強です

三井住友カード
年会費 永久無料
ポイント還元率 ~5%
発行日 最短5分(即時発行)
旅行傷害保険 ~2,000万円
キャッシング ~100万円
電子マネー決済 可能
入会特典 新規入会&ご利用で最大16,000円相当プレゼント

 

詳細はこちら

 

・コンビニやマクドナルドでタッチ決済した場合に5.0%のポイントが還元
・お気に入り登録した店舗で買い物すると+0.5%ポイント還元(店舗は3つまで選べる)
・入会特典が16,000円相当が貰えるので、作るだけで得する
・セキュリティが高く、安心(ナンバーレス)
『こんな人におすすめ』
・コンビニで買い物を良くする人
・セキュリティ面を気にしてクレジットカードを持つのが嫌な人
・とりあえずクレジットカードが1枚欲しい人

 

詳細はこちら

 

エポスカード

エポスカードは、ポイント還元率に関しては特段優れているわけではありません。
ですが、特典や割引優待を受けれるサービスが多く、金額的なメリットがめちゃめちゃ高いのが特徴です

エポスカード
年会費 無料
ポイント還元率 ~1%
発行日 即日発行
旅行傷害保険  ~2,000万円
キャッシング 10万円単位で、限度額は審査次第
電子マネー決済 ー(スマホ決済の連携は可能)
入会特典 2,000相当のポイントプレゼント

 

 

↓詳細はこちら↓

 

 

・楽天やYahooなどのネットショッピングで2倍~20倍のポイント還元
・お気に入り登録した店舗で買い物するとポイントが最大3倍還元(店舗は3つまで選べる)
・優待サイトで割引が受けれる(カラオケ30%オフ、飲食店割引、美容院ネイル10%オフ等)
『こんな人におすすめ』
・ネットでよく買い物をする人(特に楽天)
・飲食店やカラオケなどエンタメサービスを良く利用する人

↓詳細はこちら↓

 

JCB一般カード

JCB一般カードは年会費が掛かるクレジットですが、メインカードで使用していれば年会費無料で使えます。
年間50万円以上使用すれば無料なので、食費でクレジットを使うだけでも達成できるハードルの低さ。

基本は年会費があるという事で、無料で作れるカードより優待制度などが多くあるのが特徴です。
また、ディズニーやハワイ関連の大手企業とパートナー契約を結んでいる為、JCBにしか出来ない優待を多数持っているが最大の強みですね。
メインカードで使うならJCBカードが一押しになります

JCB一般カード
年会費 1,375円(税込)初年度年会費無料(オンライン入会の場合のみ)

※年間50万円以上使用すれば年会費無料

ポイント還元率 0.5%~5%
発行日 3営業日で発行
旅行傷害保険  ~3,000万円
キャッシング ~100万円
電子マネー決済 可能
入会特典 最大21,000円相当のキャッシュバック

 

詳細はこちら

 

・ハワイのワイキキトロリー(ピンク)が無料
・東京ディズニーランド、シーのチケット招待などの得点が受けられる
・アマゾンでの買い物で1ポイントが3.5円分になる
・パートナー店で使用すればポイントが2倍~10倍に(アマゾンやセブンイレブンなど)
【期間限定】
2021年12月8日(水)~2022年3月31日(木)タッチ決済で20%キャッシュバック
『こんな人におすすめ』
・ディズニーやハワイなど旅行や観光によく行く人
・生活のメインカードにしようと考えている人
・アマゾンをよく利用する人

 

詳細はこちら